喫茶去 ー「東山茶」英文パンフレットより抜粋

喫茶去

唐代Tang dynastyに名を馳せた禅僧、趙州(778年 - 897年)は、教えを求め訪ねてきた者に必ず「喫茶去」(まあ、茶を飲もう)と答えていました。不思議に思った院主が、「禅師はなぜ誰が何を言おうと、『茶を飲め』と言われるのですか?」と聞いたところ、趙州は「まあ、茶を飲め」と一言。

 

一杯の茶を共にすることで、互いの心を開放し話すことができます。さらに、坐(ざ)して茶を一服する内に、自分の心が透き通った青空のように晴れていくのを感じ、他に向けて質問したことの答えを、自身の内側から導き出せることもあります。

 

茶にはそのような力があることに気が付き、この考えを集約し発展させたのが、日本の精神修養法である「茶道」だと思います。

 

喫茶の行為を通し「人として日々いかに生きるか」ということを考え、実践していく「生の芸術 Art of Life」とも称されます。慌ただしい日常の中で茶を一服するだけでほっと一息つけ自己を見つめなおす時間が取れるーーなど、茶とは「人間性を確認する一杯である(a cup of humanity)*」という哲理を、皆様も茶席でなくてもあちこちで実感されたことがあるのではないでしょうか。

 

                                                                          *Okakura Kakuzo "The Book of Tea"

 

お茶がないとはじまらない

「日本では、お茶がないと何事も始まらない」

 

1900年初頭に日本を訪れたアメリカ人ジャーナリストW.H.Ukersが、このように書いています。(”A LITTLE JOURNY TO JAPAN” 1925年)

 

一般の家を訪問しても、役場や会社に出向いた際でも、まずは「お茶をどうぞ」ともてなされ、それからでないと仕事も話も進まないことに驚いたようです。日本では、人とのコミュニケーションは、公の場であろうと私的な場であろうと、「全てが茶碗の上で取り交わされている―茶の国」だと、彼の著作で世界に伝えました。

 

急ぎの用で出向いたとき、要件だけ済ませて客が失礼しようとすると、「お茶も出さずに申しわけない」と家主に謝られるほど、私たちの暮らしの中に喫茶の文化がずっと息づいていました。

 

日本のお茶の歴史は古く、史料で確認できるものでも9世紀頭頃からです。この頃のお茶は現在と異なり、飲み方も茶を釜などで煮だして飲んでいたことも知られています。もちろん、現代でも茶葉を煮だして飲む地域もあります。

 

やがて17世紀になると、一般の人たちに広く喫茶の文化が定着してきました。街道のあちこちにお茶を出す茶屋が立ち並び、旅する人たちの渇きや疲れを癒す場もありました。茶屋の看板娘たちは浮世絵にも描かれ、彼女たちに逢うために茶を飲みに行く人たちもあったり、現在の動物園のように鳥などの小動物が展示されていたり、アートギャラリーのように芸術を鑑賞しながらお茶を飲む茶屋もあり、人々の娯楽の場にも茶は欠かせないものとなっていました。日本が近代、アメリカで開催された万国博覧会(1894 Midwinter Fair)では、日本の花や鳥を展示して美女が茶を運ぶ茶屋を再現して日本茶のPRをしたこともあります。

 

17世紀初頭から18世紀後期まで日本は外国との交流を制限していたため、1853年、アメリカから艦隊を率いたペリー提督が、開国の交渉に現れます。中央政府のある東京(当時は江戸)に向かう前、最初に寄港したのが沖縄(当時は琉球)でした。先ず、士官と通訳二人を上陸させたところ、日本の役人が現れ、お茶でもてなされたそうです。その後、ペリー提督自身も上陸し、琉球の宮中で接待を受けます。その内容とは、「薄いお茶一杯と煙草、それに非常に固いひねった菓子が卓上に並べられた。後にも先にも待遇はこれきり。*」と記録されていますから、海外から外交のために訪れた客、ペリー提督が日本で初めてもてなしを受けたものは、やはり、お茶だったようです。

 

*『ペルリ提督日本遠征記』“Narrative of the Expedition of An American Squadron to the China and Japan etc.”1856年

 

日本茶は世界の至宝 

JAPAN TEA IS A WORLD TREASURE

ペリー提督の来航から二年後の1858年、日米修好通商条約が締結を機に、日本と西欧諸国との交易が開かれ、日本茶の海外輸出が本格的に始まります。日本茶は美しい浮世絵のラベルを貼られ、輸出されていました。

 

日本茶業界は、『日本茶は世界の至宝』というリーフレットを作成し、世界に日本茶の徳を説きました。

 

――日本という小さなアジアの島国の気候の元で育つ奇跡の植物は、人々の心と体を癒し、人々の知力や創造力を高め、人と人を結ぶ役割も果たす。その製造方法は、自然を尊び、緻密さを追求する、誠実な日本人気質が作り上げた独自の文化の集約でもある。

茶は日本で「道」と昇華し、喫茶の文化は日本で千年以上に渡り連綿と受け継がれてきた。この茶が世界の人々の宝物であるというのは、決して大げさではない――

 

そう当時のtea men が考えたのです。そして、表紙も浮世絵を用いるなど、日本文化と一緒に紹介しました。アメリカには日本茶PR用の喫茶店もいくつか造られ、海外の人々にも日本茶が愛飲されてきました。

深蒸し茶の誕生

1960年代から、海外向けの比重よりも日本国内の需要が増え、日本茶の新しい文化が生まれます。それまで「在来種」と呼ばれる種で植えられた茶樹から、挿し木等で増やす「品種」の茶が主流になっていきます。このように新しく植られたばかりの勢いある茶樹から摘まれた新芽を、従来よりも時間を掛けて蒸す茶が開発されます。これが、最初は「フリースタイル」と呼ばれた「深蒸し茶Fukamushi-cha」です。

 

そして、この頃、日本の家庭に急須が普及し始めます。それまでは急須は茶席や特別なお客様用の高級茶を淹れるのに用いられ、家庭内では薬缶や土瓶などで番茶を飲むのが一般的でした。これは日本茶の製法・品質が向上してきた、ということも意味していると思います。

 

そして21世紀、品種のお茶、急須の文化も成熟し、日本茶の飲み方も様々に豊かに楽しめるような世界が整ってきました。千年以上、先人から受け継いできた日本茶の歴史を経て、今まさに「日本茶は世界の至宝」と呼ぶに相応しい条件が整ったとも言えると思います。

 

現代も日本は「若者が最もお茶を飲む国」と海外の方から言われますが、日本では駅でもコンビニでも、学内でもどこでも、確かに誰もが簡単に茶をいつでも手に入れられる環境にあります。

 

時代ごとに喫茶スタイルを変えながらも、日本茶は常に人々の最高のパートナーとして存在しています。

  

茶に謝して生きる

東山にいらしたら、ぜひ「謝茶」の碑をご覧ください。この石碑には、茶に感謝して生きるという文字が、刻まれています。茶道家も茶を飲むとき、茶を「押しいただく」ということをします。茶の入った碗を両手で抱えて高く上げ、自身の頭を深く下げます。

日本の自然の代表ともいえる茶、先人から受け継いできた茶の文化、長年かけて磨かれてきた茶の製造技術などがあってこそ、この一杯の茶であることに思いを馳せ、この茶を通し万物に感謝し、茶を飲み干すことでその万物の恵みを身体に取り込み自身と一体化させるのです。

 

茶産地の産業、環境、人々の暮らしを支えてきた茶、「謝茶」の精神も、ぜひお伝えしたい日本茶の文化の一つです。

(東山茶の英文パンフレット 日本語原稿より一部抜粋)

 

吉野亜湖 茶道家 日本茶文化研究者

f:id:yoshinoako:20181228143343j:plain

f:id:yoshinoako:20181228143401j:plain

東山茶 茶草場農法 英文パンフレット全文PDFはこちらから

***********

吉野亜湖 (茶道家・茶文化研究者)
静岡大学非常勤講師



What is a Japanese tea ceremony?

スウェーデンのラジオ局の方に「茶道とは?」というインタビューをしていただいたので、その時のお返事メモです。

 

英文チェックは入ってませんのでmemo程度ですが、とても良い質問をいただいたので、一部を共有させていただきます。

 

Please introduce yourself and tell me a bit about your work as a tea master

(How did you become a tea master(How long)? Tell me a bit about the challenges etc.)

 

My name is Ako, in Chinese character it means Asian Lake.

 

In English I can say “I am a teacher of tea ceremony”, but, in Japanese we say cha-do. DO means way or how to live a life, so I am a just a walker or living in tea way, or tea life.

 

So in tea ceremony school, we donnot say teachers will teach, but teaches just try to show how we live our life full, and students not be passive, but they see what teachers are doing as much as they can.

 

In that meaning, I am living in tea life, after graduate my university, so almost 30 years I am in Tea.

 

First I was studying tea and Zen philosophy in a Zen temple and then I was a student in a tea master's shcool in Kyoto, living with his family and tried to master his tea life.

 

Now I am teaching in my own school  in Tokyo ,Kanagawa, Shizuoka,

and some universities. Aoso my school has online classes for foreigners.

 

What is a Japanese tea ceremony? (Practically, historically, etc.)

 

It is  simple.

Just the way of drinking tea.

 

One of the purpose of the tea ceremony is try to be honest with ourselves and free from prejudice, to find the real ourselves. Through drinking and making tea.

 

Through practice, we try to enlighten ourselves, in other words, cultivate our minds.

 

It is based on  Zen philosophy every act of daily life can lead to enlightenment. Each movement in tea ceremony is simplified to harmonize with our nature.

 

we concentrate on each movement and moment, trying to harmonize with tea utensils and guests, that cultivate our peaceful mind. I hope you can feel that in this tea room.

 

for example, the host is wiping the tea utensils. That is not only for practical purposes. It is also for purifying our minds.

 

don’t you think it is very interesting we can get Zen mental state just by drinking tea, 500 years ago the Japanese find this way.

 

 

What are the key points of the ceremony? (tea, serving, sitting, clothes etc.) Important rules.

 

I would like to ask the same question to you after you drink a cup of tea in this tea room. Later.

 

Maybe you’ve heard about the word “ omotenashi”, which shows Japanese hospitality or the Japanese way of hosting and serving guests.

In tea ceremony, the guest is also tea disciple , because they are practicing tea way. Not only the host but The guest also do Omotenashi to the host.

 

For example, when you drink tea, first raise the tea bowl higher than yourself and bow for lowering yourself.  that shows your respect and appreciation to the tea, we think tea is nature itself. The blessings of Nature higher , humans lower, because we are just a part of nature.

But next, we drink and accepting the tea in our body, to unite with mother nature and ourselves.

 

everything surrounding you.  To your tea master who makes the tea for you, to the blessing from the sky, to the blessings from the earth, to the fate that you are given  birth and sitting here among us.

 

And if you considering that the tea bowl is prepared by the host for you for today for this moment. You would naturally be modest and avoid drinking from the front. so you will turn the tea bowl front.

 

But which direction or how much?

 

It is easy, After the guests drink tea, the host will rinse the tea bowl with hot water, and discard it. If you turn it 90degrees clockwise, you can drink tea where the host will discard it, cooperating with the host. That is Omotenashi.

 

If you want to this way, we have to improve ourselves each other.

 

First step is open our mind completely and talk very honestly with true words.

Then we can face our true ourselves and harmonize with each other, or unite with each other, and respect truly each other.

 

 We call this Wa Kei. Wa harmony, Kei respect.

 

I would say the key points of the ceremony is Be trying to be Wa Kei itself,  when you are choosing tea, drinking tea, siting in the tea room, even if you cannot be completely,  that is OK, Just trying is important in tea way.

 

What is the role of the Japanese tea-ceremony? “Why” do we do it?

(Does it impact the tea itself you believe? Taste, sensation etc.)

 

In my case I do this , because I cannot do this.

I cannot live like tea. That is why I do. I try to continue to reach the goal.

As I said, Tea is symbol of mother nature for Japanese, so as a part of nature we humans learn how to live from tea.

 

I think Time to have a cup of tea together opens up our minds to talk. Sitting and drinking tea makes your mind calm and clear. A cup of tea has power to recognize humanity. So Okakura says “tea is a cup of humanity” in The book of Tea, it is written almost 100years ago.

  

In what way is the Japanese tea ceremony connected to Japanese culture?

(Do you believe the Japanese culture somehow is conveyed through the tea ceremony? How?)

 

In BOOK OF TEA

it says All, all have been subject to its influence. Our home and habits, costume and cuisine, porcelain, lacquer, painting, and literature. No student of Japanese culture could ever ignore its presence.

 

In tea ceremony, We try to simplify everything to see the truth. For example we usually choose the tea bowl without color and decoration for tea. Because tea is the most important thing in tea ceremony. So we do not need any decoration for tea bowls to see tea clearly.

And try to see what we cannot see , I mean invisible things, like atmosphere or sound or aroma or people’s mind. So we try to see the space too. We love the picture which has much space, we love the simple flower arrangement which we can feel the breeze too. Because we know people can imagine, you say, people are thinking reeds.  So we love to leave the space in paintings or follower arrangements.

 

But now I think different, All of them are not inference of tea ceremony, but

we should say that everything has same denominators, Japan-ness.

 

You know the word Wabi, Sabi,or Shibumi

it is the attitude of seeking beauty and inner contentment in simplicity and imperfection,

 

These aesthetics did not only come from tea ceremony but All Japanese has this sense in common before tea ceremony. So I would say the tea ceremony is the essence of Japanese culture itself.

 

What role does Japanese tea have in Japan today would you say?

 

I think you can realize  A cup of tea in your busy life can refresh and focus yourself. Even if you are not in a tea room, it is same as you are in tea ceremony and You can cultivate yourselves.

 

Or if you think about the guest and which tea cup should you use for the guest, you can share tea ceremony thoughts with the guest even if you do not serve tea in the tea ceremony style.

 

I believe through Japanese tea we can feel the nature and Japanese-ness too,

 

I am also a Japanese tea history teacher in my university, always saying to young Japanese students and students from foreign countries, if you would like to know Japan, Japanese Tea tells you lots of things.

 

In modern era, Japanese tea industry introduced Japanese tea as

“JAPAN TEA IS A WORLD TREASURE”

Miracle plant grows in Japan, Japanese tea heals your mind and body, inspire your imagination, and even connects circle of people. Its manufacturing method is to respect nature. It is a summary of unique Japanese culture. Tea is elevated as a way of life in Japanese culture for more than a thousand years.

 

Have the ceremonial elements changed throughout the years in any way? Why and how?

 

We should change,

Some people believe the tea ceremony is keeping  the old way, but it is not true.

We always improving and students must go beyond the teachers.

However it has over the 500-year historiy and we have lots of great pioneers and wise masters before us. So it is very hard to change what they have done. We practice and practice everyday and talk with the predecessors even if they are not alive we can talk with them through the utensils or writings and so on.

 

Like one of the great pioneers Sen Rikyu create the Black Raku tea bowl, and his student Oribe create his own design, and next students make the different bowl.

 

Also the time changes,

first the tea ceremony was  only for upper class society, Especially samurai class.

After modern era, females learn tea ceremony for their hobbies.

 

Would you say the popularity of Japanese tea ceremonies are increasing or declining? What do you believe the reason for that is? Why is it important to maintain, perform even today?

 

Interesting question, Great Tea master Sen Rikyu said , After my death, the popularity of tea ceremonies are increasing, in that case the tea ceremony is dying.

 

So declining and maintaining are  no worries.

 

Actually now declining the population of tea ceremony.

Because few tea ceremony teachers can teach the true purpose.

Many of them teaches the manual of making tea and manners to drink tea.

 

This is the book I translated  The Book of Zen Tea,

was written 200years ago by a zen monk.

After Sen Rikyu died, the many people enjoyed tea ceremony for fun and forget the true purpose of tea ceremony, this book criticizes  these people and explains  the true purpose of tea ceremony.

History tells what has been done will be done again.

 

The people doing true tea ceremony never think about maintaining, but just doing tea ceremony,

T ceremony has developed over 500years.

Some people like me, say it is s necessary to live.  We can learn how to live from tea. If no one says so, it will be disappear.

***********

吉野亜湖 (茶道家・茶文化研究者)
静岡大学非常勤講師

 

 

蘭字(輸出茶ラベル)アメリカ初調査報告

輸出茶ラベル「蘭字」が伝えた日本茶ブランド

初のアメリカ調査を行いましたので、ご報告申し上げます。

PDFで公開しています。

以下のURLをクリックしてダウンロードください。

https://1drv.ms/b/s!AmlI3_73OM-xgjL8GcvLH6LMcAdi

DNP大日本印刷文化財団の研究紀要より

 

f:id:yoshinoako:20181206222801p:plain

蘭字アメリカ調査先一覧

***********

吉野亜湖 (茶道家・茶文化研究者)
静岡大学非常勤講師

 

サンフランシスコ日本茶体験

吉野亜湖「海をわたった菊川茶2」配布資料

二〇一八年六月十日 【おんぱく】菊川レンガ倉庫講演会

 

日本茶とアメリカの水

 

一月、米国・サンフランシスコにて開催された米国西海岸最大級の高級食品見本市「ファンシーフードショー 」、ニューヨークの全米茶業協会STIスペシャル・ティー・インスティチュート)などで、日本茶輸出促進協議会の事業にて開催した日本茶セミナー講座を担当させていただきました。そして、2月にボストン、ワシントンで、明治から昭和に掛けて日本茶がアメリカで販売されていた歴史の軌跡を追うことができました。

 

1月19日に渡米し、最初に向かったのは、ファンシーフードショーの会場があるサンフランシスコです。サンフランシスコの気候は、冬は雨季で雨が多いのですが、比較的温暖で、ちょうど東京の3月くらいの気温でした。

 

 展示会場の下見を終え、我々がまず向かったのが、地元のスーパーやドラッグストアです。もちろん、日本茶セミナーに使用する「水」の選択をするためです。一般の方も手に入りやすいものをと、棚に並ぶミネラル・ウォーターから、硬度の低いものを選び、いくつか候補を購入してホテルに戻りました。今回の宿泊先は、展示会場に近いということもありがたかったのですが、二階に「茶室」があったことが、日本茶PRスタッフを大いに喜ばせました。我々が「茶室」と呼んでいたのは、英語で「ティールーム」と入口に書かれた簡易な朝食会場で、朝食の時間帯以外は自由に使用できる部屋なのですが、「茶室」そのものとして使用させてもらったのです。

 

そこに買ってきた水のペットボトルを並べ、まずは冷水点でスタッフ全員が共通認識を持っていた品種の煎茶を淹れ、試飲してみました。

「え?日本で飲んでいるのと印象と違う・・・」

 

最初の候補の一本目は、日本茶のうま味がしっかり出るのですが、日本で親しんでいる茶の香りや爽やかさが感じられず、これほど水で味香が変わるのかというのを思い知らされた一杯目でした。それから同じ水を沸かして湯で試してみると、嫌味は無いのですが、期待していた茶の本来の持ち味が出てこないため、一本目は候補として残すが、次を試してみることになりました。

 

二本目は、冷水で淹れても茶の味が変化してしまう、それは湯にしても同様でしたので、却下。さらに三本、四本と試飲を重ねていきました。杯を重ね、うま味があり嫌味のない一番目の水で妥協するかと、結論が下されようとしたとき、一度却下された水と同じブランド名でも、「ピュア」と「スプリング」と表記された二種があることに気がつきました。「ピュア」の方を試して外されたブランドでしたので、期待はしませんでしたが、一応、最後の最後に「スプリング」の方も試してみようということになりました。すると、この水が一番、日本で飲む味に近いということがわかったのです。このブランド名が「ナイス」であったことから、スタッフが口々に「ナイス!」と、喜んだことはご想像いただけると思います。(御一笑)

 

既にこれだけの茶を茶室で試飲した後、「地元の水道水でも試してみましょう」と、沸かした湯と水で淹れてみました。その結果、「サンフランシスコの水道水は日本茶に合う!」ということが判明し、全員の顔が、ぱっと明るくなりました。

 

つまり、日本茶を楽しめる基盤が既にあるということです。

 

サンフランシスコ市の水道水を調べてみると、日本と同様の軟水(平均硬度55mg/l程度)で、最大の水源は、シエラ・ネバダ山脈内のヨセミテ国立公園北部とスタニスラウス国有林に建設された三つのダム群とのこと。約600ミリリットル以下のペットボトル飲料水は、公共の場での販売を禁止する条例があるくらい、水道水を安全に飲める土地なのです。アメリカの水道水は、そのまま飲めないとばかり思っていたので、日本茶を紹介するチームにとっては朗報でした。

 

これは、ニューヨークでも同じ結果だったこともお伝えしておきます。さらに、偶然にも別途調査で向かったボストン、ワシントンでも日本茶と現地の水が合うということがわかりました。(全米がそうだというわけではなく、偶然、調査に行ったところが良かったというのが不思議な縁です。)もともと明治から日本茶が受け入れられていたこれらの地で、現代も日本茶カフェがあるというのが見られたのもうなずけます。

 

富士製茶会社

明治、大正、昭和初期、多いときでは九割近くの日本茶が輸出向けに製造されていたことはご存知かと思われますが、その主要な輸出先であるアメリカの玄関口の一つがサンフランシスコ港です。サンフランシスコには、明治期、富士製茶会社の支店がありました。記録に残された住所から、偶然、見本市会場の目の前とわかり、感激しながら会場に向かう途中でその地に立つと、現在は、ブルーボトルコーヒーなどのカフェが並ぶ通りになっており、なんとも感慨深いものを感じております。

 

クリフハウス

また、大正時代に日本茶の輸出拠点、そしてアメリカの方への日本茶教育や普及活動のための日本茶カフェが、サンフランシスコの「クリフハウス」内にあったということはご存知でしょうか。現在も、当時の姿が偲ばれる形で建物が残されておりました。もちろん、日本茶カフェは既にありませんが、レストランとして経営が続けられています。ここでサーブいただいたお湯を使って在来の手摘みの日本茶を淹れ、カルフォルニアの牛乳を加えてミルクティーにし、当時の飲み方を再現してみたところ、最初は遠慮していた日本人も一口飲むと、「美味しい!」と声を上げました。明治、大正期に好まれた日本茶をかって日本茶カフェがあった場所で、その美味しさを確認できた縁にも感謝します。

 

近代、日本茶普及活動の拠点であった地の水が、日本茶に合うということを知り、翌日からの日本茶PR活動に大きな力をいただいたスタッフ一同でありました。

 

ファンシーフードショー

ファンシーフードショー会場は三つのエリアに分かれており、入り口近くのエリアには、常連の大手出展者が並び、日本茶関連ですと、伊藤園、あいやのブースを見つけることができました。両社とも、抹茶商品の紹介が目立っていました。第二エリアは、国別のブースが並び、JETROが設置した「ジャパン・パビリオン」が中央に広く取られ、その中にアメリカに支店を持つ杉本製茶、白形伝四郎商店など、米国への商流を確保している企業を中心に、各企業が小間割でブース展開されていました。会場で配布される日刊の公式案内誌には「ジャパン・パビリオン」の広告が全面一ページに、毎日掲載されており、力の入れ具合が感じられました。

 

マッチャとセンチャ

フードショーの日本茶セミナーでは、アメリカのバイヤー、料理教室の講師、農学部の学生などが参加くださいましたが、「マッチャは知っているが、センチャは知らない」というアメリカ人が殆どで、煎茶の品種別の茶を飲んだ時に、コーヒーチェーン店を経営されているオーナーの方などが、「こんな飲み物があったのか!」扱いたい!というように驚かれていたのが印象的でした。コーヒーも現在、シングルオリジンやコールドブリュー(水出し)が人気が出てきているため、グリーンティーの人気もこの流れにあるようです。

 

アメリカの出展者のマッチャ関連の商品が、ボトルでフレーバーのバラエティーがあるものや、スイーツなど多くあり、日本人よりも、アメリカ人自体が、マッチャに対して多くの工夫と広告宣伝をして、販売努力をして下さっているのを目の当たりにしてきました。

 

また、彼らの認識している「Matcha」とは、いわゆる粉末茶(煎茶パウダー)であることがわかりました。アメリカでのMatchaは粉末茶、日本の本来の「抹茶」は「セレモニアルグレード(茶道用)」と、分けて販売されています。セミナーで、粉末茶(アメリカではMatcha)と抹茶を飲み比べていただいたところ、違いがはっきりわかったようで驚いていました。ただ、アイスクリームなどスイーツの原料には粉末茶がコスト的に見合う事、粉末茶は苦みもしっかりしていることからあえてこちらを選ぶという方もあります。(日本茶輸出促進協議会のホームページより抹茶のアメリカ市場調査の報告書が出ていますので、併せてご参考ください)

 

以上、簡単ですが、資料では、本日のお茶の紹介を兼ねて、サンフランシスコの一部をご報告させていただきました。

配布資料より

 

吉野亜湖

静岡産業大学非常勤講師

 

市中の山居 ~誰が言い始めたの?

市中の山居

 

ウェブを検索すると、「市中の山居」とは利休が求めたところ~という内容の記述が多く、さらに出典も出てこないため、守屋毅『喫茶の文明史』から自身のメモとして以下にまとめておきます。

 

山居の躰・市中の陰

 

公家の鷲尾隆康が、宗珠珠光の養子)の茶亭に訪れた時の印象を、このように書き残しています。

 

山居の躰(てい)、尤も感有り。誠に市中の陰と謂うべし。」(『二水記』1532年5月)

 

この茶屋は、当時の常識としては非常に狭い「四畳半」「六畳」の小さな座敷で(『宗長日記』1527)、下京四条の北にあり「午松庵」と呼ばれていたそうです。(『茶祖四祖伝書』)

 

庭には松や杉があり、紅葉も印象的だったようで、市中にありながら山里の草庵を思わせる風情であったと言われます。

 

連歌師宗長もこの庵に共感し発句し、さらに歌人 富原統秋の「山里庵」によせて、

 

山にても憂からむときの陰家や 都のうちの松の下庵

 

と、詠んでいます。

 

紹鴎(利休の師)が師事した三条西実隆の書斎「角屋」も、都の片隅に山居の静寂を再現する意識が感じられるものであったそうです。(『実隆日記』1502年の6月)

 

利休が生まれるのは1522年ですから、彼の前時代の文化人たちが、充実した都市生活の中で、隠逸の境地を享受する場を作っていたのがわかります。

 

~ただ、この時代くらいまでは、都会の喧騒や日常から「逃れる」という意識をもった閑居というように、私は感じてしまうので、「利休が求めた」といわれると、違和感を感じてしまいます。利休の出身である堺の話題になりますと、少し通じるものがでてくるのかなと思える記述があります。~

 

この宗珠の茶室が話題になっていたころ、紹鴎は京都での遊学を終え、故郷の堺へ戻ってきました。(ルイス・フロイス『日本史』)

 

当時の堺の茶屋の様子が通詞ロドリゲスによって記録されています。(『日本教会史』)

 

「現在流行している数寄と呼ばれる茶の湯の新しい様式について」、「堺の小家に、人々は互いに茶を招待し合い、街の周囲に爽涼・閑居の場所のないことの補いとした」。

 

「町の中にそれを発見し、楽しむことを、日本語で『市中の山居』という」

 

それは、「辻広場に孤独の閑寂を見出す意味」があり、「むしろある流儀では、この様式が純粋な閑居にまさるもの」と評価されていた。

 

 

~これを読むと、茶室の佇まいについて言うだけでなく、現実社会を生きながら、どこにあろうと自身の向かい方で隠逸者の求めた精神性さえ実現しうるという茶道の意識も見られます。そういう意味では、利休が求めたというのか、茶道の意識を利休に代表させているのであれば、茶道が意識しているところを表す言葉だとも感じられます。

 

追記として、イエズス会によって、1603年~1604年にかけて長崎で発行されたポルトガル語の日本語解説辞典『日葡辞書』では、「街辻のなかや、市や衆人のなかにあって、遁世者となっていること」と解説されているそうです。

 

「市中の山居」誰が言い始めたのか?
利休ではないと思われます。また、利休より以前に文化人たちに「市中の山居」の意識はすでにあったということですね。

 

以上、たまたま手に取った守屋毅『喫茶の文明史』淡交社,平成4からのメモで、引用文は原典にあたってませんので、ご興味のある方は原本をご確認下さい。

------------------------------------------------

吉野亜湖(茶道家・茶文化研究者)

静岡大学非常勤講師

 

 

 

抹茶用の品種~茶道家が知らないこと

「茶道家って製茶について知らないですよね」

 

茶道の先生というのは、茶の生産や製造に興味ない人が多いように思いますと、茶業者の方から言われたことがあります。

 

今回は、抹茶の生産現場を見せていただきましたので、覚書としても書き残しておきたいと思います。

 

f:id:yoshinoako:20180415112112p:plain

宇治 上林記念館 秀吉の宇治茶園の関心を著わした書状

(秀吉のころは茶園の管理から気になっていたことが書状からもわかります)

 

宇治駅近くには、抹茶を品種ごとに飲み比べることができる日本茶カフェ「GOCHIO」があります。

 

f:id:yoshinoako:20180415112539p:plain

こちらで、まず、「あさひ」「さみどり」の二種を試飲しました。

 

果たして、品種ごとにそれほど違いがわかるものなのでしょうか?

抹茶を茶室ではいつも、茶師が合わせてくださったものは飲み比べる(濃茶)ことはありますが、品種ごとに飲む機会がなかったので、半信半疑で薄茶を一口。。。

 

すると!非常にそれぞれの個性が際立って感じられ、驚きました。

 

あさひ:ずっしりとしたボリュームが舌に広がり、絵で例えるなら大きな山、音楽なら重低音を奏でているような味香です。

 

さみどり:一本の線がすーっと描かれていくようなすっきりとした味、その線は横ではなく縦に伸びていくような味わいですので、高音で細い音がする楽器をイメージしました。

そんな感動を受けて、いざ、茶園にお伺いすると、、、

 

すっと直立型で伸びた新芽、葉の姿もすっきり。そんな茶樹が覆いを掛けた茶園の下で、すでにたくさんの新芽を蓄えていました。

 

f:id:yoshinoako:20180415113722p:plain

そう、これは、お味のイメージと同じ、「さみどり」です。

そして、後ろを振り向くと、ぽってりと広がる深い緑の葉がついたこの茶樹。

こちらが「あさひ」です。

f:id:yoshinoako:20180415114026p:plain

 

「私たちは、二葉目くらいの新芽を直接口に入れて、畑の状態を看ます」

園主の清水さんが、「あさひ」と、「さみどり」の芽葉を試食させてくださいました。

 

先ほどいただいた薄茶と共通の味がして(それは煎茶よりもより強く感じられ)、抹茶は茶葉を粉砕してそのままいただくのだから当たり前と言えば当たり前なのですが、再度、驚きでした。

 

また、摘み方が「あさひ」は葉だけを摘む「しごき摘み」、「さみどり」は、柔らかい茎の部分も一緒に摘む「折り摘み」であることを教えてくださいました。

 

しごき摘みは熟練者でないと、葉を傷めてしまうため、より難しいのだそうで、「茶摘みさん泣かせ」と言われる品種もあるそうです。

 

その違いを見れる機会があればと思います。

(所感として)

濃く点てる「濃茶」に関しては、茶室では味香を取り上げ、茶師名を聞いたりなどありますが(また濃茶を数種飲み比べる式法も江戸中期から確立されてきた)、

 

今回、品種の茶を単体で薄茶で頂いて、最終的に茶師によって調和されて濃茶となったとき、単体の楽器演奏からオーケストラの演奏のように深く、広く、豊かで、コンサートホールを出てからもしばらく余韻が続くような味わいになるのだなと実感しました。

カフェで薄茶を品種単体(今のはやりの言葉でいうならシングルオリジンというのでしょうか)で味わうのもとても抹茶としての楽しみが広がると思います。そして、それを知ると、より、茶師の方たちのお仕事を楽しく感じられるように思いました。

知るきっかけ、そして時間を与えてくださった皆様に感謝し、抹茶を、茶道を愛する方にもこれからお伝えできたらと考えております。

 

__________________________

吉野亜湖(茶道家・茶文化研究者)

Ako Yoshino

静岡大学非常勤講師

日本茶インストラクター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抹茶を愛する方へ Dearest All Matcha Lovers

宇治の茶園清水屋さんにて、本簀(ほんず)栽培の藁振り作業を見学させていただきました。

f:id:yoshinoako:20180414165023p:plain

宇治 上林記念館所蔵 江戸時代(文化五年)の茶園の藁振り作業の画

f:id:yoshinoako:20180414165429p:plain

2018年4月12日 スウェーデン人の日本茶伝道師ブレケル・オスカル氏作業の画

 

抹茶用の碾茶(てんちゃ:石臼で挽く前の葉の状態)の茶園です。

f:id:yoshinoako:20180414165927p:plain

碾茶の栽培は、摘み取りの一か月前に覆いをかけて栽培されます。まるで「箱入り娘」のような扱いですね。

 

現在、こちらの茶園では、コンクリートの柱が立ち、鉄柱が天井枠に使われていますが、昔は竹ですべて組んでいたそうです。

 

それでも、やはり、上に登れば、足元は細い鉄パイプの上しか歩けませんので、「綱渡り」のような状態での作業です。

 

そこで、竹の棒をバランスを取るときの支えとして活用されていました。

f:id:yoshinoako:20180414170332p:plain

この竹の棒、バランスを取るためだけでなく、先が割れていて、巻き損じた所や多めに巻いてしまった部分を調整するにも使います。

普段は立てて置くので、下から見ると、どこに人がいるかの目安にもなります。ただ、撒いているところは、藁が雪のように降ってくるので、下から見ればすぐわかるのですが。

*オスカルさんのFB記事(動画)参照

www.facebook.com



この落ちてきたものは「シビ」(藁の葉の部分)と呼ばれ、茶の樹におちたシビを取ることを「シビ取り」と言い、藁を撒いたあとに、シビ取りの作業も行われます。

取ったシビは、畝の間に巻いておきます。(この後、番茶の葉が刈られる場合も上の藁が畝間に敷き詰められてからの摘採になるそうです)

f:id:yoshinoako:20180414172132p:plain
(シビがたくさん落ちてます)

 

最初に、藁を保管している小屋に行くと、ぷう~んとあの若畳の香りが漂ってきました。

f:id:yoshinoako:20180414170104p:plain

藁小屋に案内された後、清水さんから上で行う作業のレクチャーがありました。

①束になった藁を首からかけた専用のカッターで切り外します。すると、さらに偶数の束になっているため、一束ずつ外してばらばらにします。(偶数なのは、足場を一回固めて前方に撒いてから、後ろを向き、逆方向にも撒くためです。)

 

f:id:yoshinoako:20180414170716p:plainf:id:yoshinoako:20180414170801p:plain

①             ②

 

それから両手で持ち分け、振るようにしてバラし(この時、自然に足元には撒かれる)、遠くに飛ばすような気持で、振りながら撒いていきます。

 

清水さんの振り方は、シャンシャン、シャンシャン、と藁が鳴き、二拍子のリズムでした。

 

均等に撒かないと、茶に光が当たるところと当たらない部分での差が出てしまうため、出来るだけコツとして、遠くに撒くことで、自然に足元の方は落ちていくということでした。初心者はどちらかというと、足元に固まってしまうそうです。

慣れないと、練習初回は確かに言われた通り、足元に固まります。

 

f:id:yoshinoako:20180414171406p:plainf:id:yoshinoako:20180414171555p:plain

師匠の手本は、遠くまでかつ、左右均等です。

しかし、練習三回目くらいでコツをつかまれたオスカルさんは、師匠にお墨付きをいただき、すぐに本番となりました。

 

覆いは、このような伝統的な本簀(藁を掛ける)のは稀になり、黒い寒冷紗を用いる方が多くなりましたが、やはり、藁の方が中が涼しく、湿気があるなど環境の違いがあるそうです。

そのためか、本簀茶園の茶は、香りが深く豊かだと言われていました。

 

***************************************

被覆栽培(覆下栽培)

日光を遮ることで、葉が光を取り入れようと広く開き、葉緑素を多く作るので緑が濃くなり、味もふくよかかつ、やわらかになる(苦渋味が抑えられ、うま味が豊かになる)そうです。

 

そして、「かぶせ香」という海苔のような独特の香りがつきます。抹茶を飲むとき、茶碗から立ち上る「かぶせ香」に意識を向けてみたら、茶園で覆いを掛けて育てられている光景と重なりそうですね。

 

f:id:yoshinoako:20180414174706p:plain

よく「一芯二葉」を摘み取る、と言いますが、碾茶の場合は、「八葉」くらいまで摘むそうです。

 

こちらで栽培されていた品種は、「あさひ」と「さみどり」でした。

「あさひ」はしごき摘み
「さみどり」は折り摘み
と分けているそうです。

摘採の時にまた見学に行かせていただけたら有り難いと思っております。

叶ったら、またご報告申し上げます。

抹茶そして日本茶を愛する皆様へ


(最後に)清水さん、オスカルさん、ありがとうございました。

_______________________

吉野亜湖(茶道家
静岡産業大学情報学部非常勤講師

日本茶インストラクター