戦時下の日本茶の製法について~ロンドンのティーマンの味覚を落とした統制

戦時下の日本茶の製法について、資料を見つけたのでご紹介します。

前段として・・・
終戦後、昭和27年に海外視察に行った茶業者の報告書のお話から最初に。

f:id:yoshinoako:20170302195152j:plain

(写真:「日本茶市場としての北阿弗利加事情」日本茶輸出組合、昭和27年)
日本紅茶株式会社柚原社長が、ロンドンで飲ませてもらった紅茶を見て、「イギリスの紅茶の質が落ちた」と感じ、
その後、英国のティーマンたちと紅茶を審査したところ、彼らが「良い」という紅茶の診断がずれていて、イギリス人たちの味覚が戦時下の統制で落ちたのを確信し(紅茶が配給制であった)、
彼らは認めないだろうが、「統制が紅茶の質も低下させてしまった」と報告していたのが気になっていたのですが、
日本茶業史』を読んでいたところ、
戦時下、日本茶の製造法もかなり制限があったことがわかりました。
戦後、見返り物資となった日本茶をアメリカに輸出すると、日本茶の質が落ちたという評価があったのですが、
戦時中、以下のような製茶に関する指導が出ていたのを見て、納得しました。
「戦時製茶法設定要綱」を簡単に引用しますと、
緑茶の製造方法として、
1.蒸し工程は、「熬熱」または「熱風蒸」とすること。
* 熬熱とは、灼熱した鉄板の上に生葉を投入して蓋をして蒸熱する方法で、釜蒸しの一種。
* 熱風蒸とは、粗揉機を蒸機に代用して蒸す方法。高温度150度の熱風を吹き込んだ粗揉機に生葉を投入する。
2.粗揉工程は、従来より時間を短縮すること
3.再乾工程は、従来より時間を短縮すること
4.精揉工程は省略すること
5.仕上げ工程についても簡単にすること、例えば、上級茶も木茎が混ざっていても差し支えない、番茶は粉を除去する程度にとどめる。

 

*ただし、碾茶(抹茶の原料となる)と玉露は例外を認めていました。
この二種は、戦時下でも製法を変えずに続けられていた、というのは特筆すべきことでしょう。(『日本茶業史』P289)

                

吉野亜湖(茶道家・茶文化研究者)
静岡産業大学 非常勤講師
担当授業 日本茶文化史、日本茶概論、伝統文化演習