茶葉缶詰があった?

缶入り茶

と言えば、液体のお茶が缶に入っているのをイメージしますが、

缶詰茶葉があったようです。

『貿易茶物語』(前の記事でもご紹介してますね)

静岡茶の静岡駅にて販売」

大正十年吉川合名の社長らが、煎茶一ポンド入り缶詰を茶業宣伝のため、静岡系内売店及びホームにての立ち売りを計画、売りさばきました。(ダイジェスト)

 

工場はサスガ石垣の工場で、角缶でブリキ印刷されて売り出したことで、お茶の大きな宣伝となったそうです。

缶が残っていないのが残念ですが、フェルケール博物館の缶詰ラベルコレクションを拝見して、お茶もそういえば、缶詰があったな、と記憶をたどり(実際は見てませんが、記録で見てたので)メモがてらお書き添えします。

吉野亜湖

静岡産業大学非常勤講師